2010年01月25日

非常識な勉強法/川島和正

28歳で年収1億円のベストセラー作家になった元学年最下位の落ちこぼれ生徒が明かす
『楽して成功できる 非常識な勉強法』


さて、この真の書名とは……

『楽して成功するには 成功者の知恵を真似よう』

この本が明かす「楽に成功するための勉強法」とはつまり、

本当に成功してきた方の完コピをしよう!

というものです。

そのために、十分な時間とお金をかけて手段や方法を探そう、と提唱されています。まあ、そこに到達するまでが一番大変なんじゃないかと思いますが。

さて、それ以外にも本当にやりたいことの探し方から、頭の回転を速くする方法や体を健康に保つ方法など、成功までの過程で必要なスキルを網羅して解説していますので、汎用的な内容だと言えます。

確かに、このやり方がスムーズに活用できれば、楽に成功できる近道となりそうです。

そうでなくとも、何かを達成する際に視点を変えて検証してみるという癖がつけられるとしたら、この本は価格以上の価値を持つのではないかと思います。

さらに、『目標設定表』などの各フォ−マットをネット上からダウンロードするサービスや、書籍の内容を音声にしたCDの配布なども行っていますので、かなりお得ではないかとも思います。

著者の川島和正さんはアメブロでブログを開設していますので、何か質問があったらすぐに問い合わせられるというのもメリットですね。

⇒【ブログとメールマガジンで年収1億円稼ぐ、世界を旅するヒマリッチ社長、川島和正の日記

自己啓発書の名著に書いてあることをごく易しくした内容とも言えますので、まだ具体的に動き出しておらず、成功目標があいまいな方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

28歳で年収1億円のベストセラー作家になった元学年最下位の落ちこぼれ生徒が明かす『楽して成功できる 非常識な勉強法』

さて、この真の書名とは……

『楽して成功するには 成功者の知恵を真似よう』

お奨め星3つです!
posted by たかC at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

四年連続トップ営業マン日記/高城 幸司

『四年連続トップ営業マン日記―私はこうして法人へ売り込んだ』

さて、この真の書名は……

『FAX一斉送信サービスの四年連続トップ営業マン日記』

 実は最近、会社に眠っていた本を手にとって読んだのがこれでした。

 確信はありませんが、現在『リクルートのトップ営業マン日記 (中経の文庫)』として再販されているものと内容は同じじゃないかと思います。

 内容はリクルートで行っていた、FAX一斉送信サービスの法人営業について、著者自身の成長日記と共に簡単な成功例を掲載したものです。
 FAX一斉送信サービスなんて、時代を感じますねぇ〜

 飛び込み営業の過酷さから始まり、他企業営業マンとのバーター取引などなどどこでもありがちな内容に加えて、著者の様々な戦略が紹介されていますが、これらは時代の変化に拘らず、何かしらのヒントを与えてくれるものだろうと思います。

 私が悟った成功の条件とは、
「いかに人気者になれるか」

の一言に集約できると思っていますが、これはタレントでも経営者でも変わらないと思います。

 人気がある人は何をやっても成功する。ではそこに到達するために何をするか?
 ひたすらギブ&テイク、相手のことをまず思いやる、率先して助ける、このような自分を捨てた行動をどれだけ継続できるかが鍵になっていると思います。

 この本で書いていることも大差ないと思います。たぶん、仕事が変わっても国が変わっても通用するノウハウなのではないでしょうか。みなさん、頑張りましょう!私は頑張ります!

『四年連続トップ営業マン日記―私はこうして法人へ売り込んだ』

さて、この真の書名は……

『FAX一斉送信サービスの四年連続トップ営業マン日記』

お奨め星☆★☆3つです!
posted by たかC at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

FXの小鬼たち/キャシー・リーエン&ボリス・シュロスバーグ

『FXの小鬼たち』

さて、この真の書名は……

『投資で勝ってる素人たち』

投資家で知らぬ者などいない、パンローリング社の2月新刊です。
この本、発売当日には買っていたのですが、読み終えたのはつい先日です。ほとんどの章はあっという間に読んでしまったのですが、ホンの十数ページを残したまま放置してたからでした。

なぜでしょうか?実は、FXにおいては大して役立つ内容でなかったからなのです。つまり実践的ではないのです。

構成は版元お得意の『マーケットの魔術師』的インタビュー形式で、最近名を成している海外のセミプロトレーダー12名のトレードスタイルを紹介しています。インタビューということで非常に読み易くなっていますので、スラスラと読めてしまいます。

著名なトレーダーが全く出て来ませんので、内容を簡単にご紹介しますと、

● 一週間の目標を50〜100pipsに設定し、達成したらもうやらない。
● 自分にあらゆるプレッシャーを与えるな。
● サイズは小さく、回数は少なく、ナンピンはしない
● 通貨ペア、足、システム、トレード時間は限定する 等など

誰でもどこかで耳にするようなルールがそれぞれに語られています。誰でもそうでしょうが、ルールは失敗を重ねて身につくものであり、どれだけ尊敬できる方の箴言であっても自ら痛い目にあわなければ悟れませんね。
それでも改めて自分のルールを確認する意味では読む価値はあります。

それでは、この本の問題点へ進みましょう。
まず、書名が問題大ありです。
原題が"Millionaire Traders(ミリオネアトレーダース)"でして、どこにもFXで勝ち上った投資家という記述はない(副題にも)にも関わらずの邦題『FXの小鬼たち』なのです。まさに昨今のブームに乗って売ろうというせこさがにじみ出た書名です。
そして、確かにFXトレーダー(1名はスワップ派)も登場しますが、8名は先物か株のトレーダーなのです!
トレードはどれも似たり寄ったりとはいえ、これは酷いでしょう?

さて、『小鬼』?なんて呆れるようなネーミングに加え、いつまで経っても垢抜けない装丁しかデザインできないパンローリング社ですが、僕ら投資家にとっては多くの名著を提供してくれていますので、この版元の書籍を読んだことのない初心者の皆さんは、ぜひ一度都心の大きな書店へ出かけてみてくださいね。

『FXの小鬼たち』

さて、この真の書名は……

『投資で勝ってる素人たち』

お奨め星☆★2つです!
ラベル:FX 先物
posted by たかC at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。