2010年05月03日

さあ、才能に目覚めよう/ドナルド・O・クリフトン

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

                 (著)マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン

さて、この真の書名とは……

シンプルな内容なので、そのまま

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



この本は2001年発行という10年前にもなるものなのですが、久しぶりの大ヒット作となりました!

よくある、【 性格分析+成功への道筋を見極めよう 】という類の内容ではあるのですが、

その分析内容が他にはない秀逸さなのです。


【社交的⇔内向的】 【支配的⇔献身的】 【頑固⇔柔軟】

などという分析方法はよく見ますよね。

これって、自分自身でも自覚があることが多いですし、「では、その性質を活かした職探しって……」となると、結局活かし切れない、需要薄で自分一人の力ではどうにもならない、なんてことばかりになります。

同じく、「インナーチャイルドの声を聞け」的な、成功する道の探し方の著書もよくありますが、「子供の頃に好きだったことを思い出し、その道を進もう」と言われても……ですよね。


さて、それらの様々な分析手法を踏まえて、さらに深い、個々に根付いた信念・性分・特技まであぶり出してくれるのが、この著なんです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



この本の凄い点は、クリフトン博士とリサーチ会社のギャラップ社が、全世界の200万人の成功者にインタビューした結果から導き出した傾向の集大成である点です。

私たち被験者は、ストレングス・ファインダー(強み発見テスト)というプログラムを使って、180問の性格分析を行います。

このテストは20秒で次々に進んでしまい、途中、または後でやり直すことができないようになっています。

私も何問か「答えを換えたかったな」と思いましたが、もう一度テストするには、もう一冊買うしかないんです。

そんなことを思う方も多いらしくて、数回に渡ってテストした際の結果の変化についても考察してありますが、
質問とその結果を覚えてしまう3回目までは、ほぼ結果は変わらずに出てくるということです。


算出される【強み】は34種類あり、その中で顕著に表れる5つがあなたの【強み】として発表されます。

この【強み】の凄い点は、業界や職業などをほとんど限定しない点です。

例えば、営業職の方で優れている点が、

【戦略性】ならば、状況分析に重きを置く、

【共感性】ならば、顧客へのラポール構築に励む、

【指令性】ならば、顧客をその気にさせる話術に励む、

などというように、それぞれに強みの活かし方をご自身のやり易いように練れるわけです。

ご参考までに、私の5つの【強み】をご紹介しましょう。

【戦略性】 【最上志向】 【成長促進】 【着想】 【未来志向】


さて、最後に注意点を。

途中にも書きましたが、本一冊に対して、テストは一度しかできません。

ですので、決して古本で買わないで下さいね!その本でできるテストはすでにできなくなっていますし、お金も時間も無駄になりますよ。

以下のリンクからアマゾンへ跳べますので、宜しければご利用下さい。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



posted by たかC at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148676318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。