2009年02月01日

論理力を鍛えるトレーニング/渡辺パコ

2001年発行の古い本ですが、発売当時は相当売れた論理思考を鍛える実用書で今でもロングセラーとなっています、

『論理力を鍛えるトレーニング』

さて、この真の書名は……

『論理思考とは何かを知るドリル』

私の命名も50歩100歩の大して違ったものにはできませんでした。面白くなくて申し訳ありません。
これは自己向上に関心のある方ならば、とりあえず手にとってしまう類の実用書ですね。
始めにMECEやロジックツリーといったロジカルシンキングの簡単な解説があり、残り2/3ではそれらを実際にワークブック形式で学ぶ、という内容になっています。
単純に読んで学ぶだけのものよりは、かなり頭を使って考えることになるので、論理思考を体得するまではできないまでも、基本的な考え方くらいはしっかりと頭に叩き込むことができる良書だと思います。

ところで、著者の渡辺パコ氏はマスコミ出身(名前からして……)の講師のせいでしょうか、一種独特の感性があるようです。
『イシュー』『キーラインメッセージ』『so what?』と聞いて、何を指している言葉か分かりますか?
これらはパコ氏が論理トレーニングに欠かせない言葉として意識的に使用しているのですが、ほとんど馴染みがないですよね?全く日本に定着していない言葉だというのに、敢えて重視する必要はないと思います。それらの言葉が反って私の思考を阻害する結果となっていました。

また、ワークに用いられた例文のチョイスなのですが、ライトノベル的な軽い口語体の会話文、かと思えば、公害や経済を取り上げた社説であったりと一貫性に欠けているのです。
しかも、その内容自体、何ら興味を湧かせるものでも、知って役に立つようなトリビア的なものでもありません。
相当考え抜いて選んだもののはずですが、正直その問題文を読むことには苦痛を感じました。もっとシンプルで良かったのでは?

『論理力を鍛えるトレーニング』

さて、この真の書名は……

『論理思考とは何かを知るドリル』

お奨め星☆★☆3つです!
posted by たかC at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113483462

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。