2010年06月07日

レンタルチャイルド 神に弄ばれる貧しき子供たち/石井光太

レンタルチャイルド
 〜神に弄ばれる貧しき子供たち/石井光太

今回はデビュー当時からお付き合いさせて頂いている、石井光太さんの新作をご紹介しましょう。

SN3J0011.JPG

レンタルチャイルド
 〜神に弄ばれる貧しき子供たち  です。

デビュー作「物乞う仏陀」から一貫して光太さんが伝えようとしていることは、軟弱な国『日本』に住んでいる限りは決して知り得ない、

命の軽さ

ではないかと思うのです。
語弊のないよう補足すれば、途上国のある地域では、子供も病人も老人も恐ろしく無下に扱われ、まさにロウソクの灯火のように簡単に命が奪われているのが現実なのです。

私たちが尊いと教えられてきたはずの『命』が、まるでモノと変わらないように扱われている事実は、読んだ皆さんの心を傷付けてしまうと思います。それほどに私たちがヤワなのか、世間知らずなのか……

男が女を犯し、売春婦を犯し、男娼を犯し、少年を犯し、少女を犯し、ヤギを犯し、浮浪少年が浮浪女を犯し、孕ませ、数円のために体を売り、物乞いのためにナイフで目を突き刺し手首を切り落とされて不具になり、臓器を売り、野垂れ死んでも物乞いの道具にされる……

この、信じられない光景を目の当たりにしてきた光太さんの描写は、次第に私たちの視点から離れてゆき、あちら側の目線に近づいていきます。

それほどまでに日常的であり、当たり前の事実である証なのでしょう。


恐ろしい光景とその裏に隠された真実を次々に暴いて行く光太さんの勇気・探究心・無謀さは真の称賛に値する、本物のジャーナリストの姿です。

ただし、その真実は、直視できないほどの恐怖を伴っています。

たぶん、日本人が1000人いても、ここまで真実を掘り起こせる者は1人もいないでしょう。

ぜひ、みなさんには読んでほしい!しかし、覚悟無くして読み始めるには重過ぎる内容なのです。

SN3J0012.JPG
心してお買い求め下さい。下記からアマゾンへジャンプできます。
レンタルチャイルド―神に弄ばれる貧しき子供たち


こちらから光太さんにコンタクト取れますので、どうぞご活用下さい。

石井光太公式サイト【コウタイズム】
posted by たかC at 01:14| Comment(18) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

さあ、才能に目覚めよう/ドナルド・O・クリフトン

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

                 (著)マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン

さて、この真の書名とは……

シンプルな内容なので、そのまま

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



この本は2001年発行という10年前にもなるものなのですが、久しぶりの大ヒット作となりました!

よくある、【 性格分析+成功への道筋を見極めよう 】という類の内容ではあるのですが、

その分析内容が他にはない秀逸さなのです。


【社交的⇔内向的】 【支配的⇔献身的】 【頑固⇔柔軟】

などという分析方法はよく見ますよね。

これって、自分自身でも自覚があることが多いですし、「では、その性質を活かした職探しって……」となると、結局活かし切れない、需要薄で自分一人の力ではどうにもならない、なんてことばかりになります。

同じく、「インナーチャイルドの声を聞け」的な、成功する道の探し方の著書もよくありますが、「子供の頃に好きだったことを思い出し、その道を進もう」と言われても……ですよね。


さて、それらの様々な分析手法を踏まえて、さらに深い、個々に根付いた信念・性分・特技まであぶり出してくれるのが、この著なんです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



この本の凄い点は、クリフトン博士とリサーチ会社のギャラップ社が、全世界の200万人の成功者にインタビューした結果から導き出した傾向の集大成である点です。

私たち被験者は、ストレングス・ファインダー(強み発見テスト)というプログラムを使って、180問の性格分析を行います。

このテストは20秒で次々に進んでしまい、途中、または後でやり直すことができないようになっています。

私も何問か「答えを換えたかったな」と思いましたが、もう一度テストするには、もう一冊買うしかないんです。

そんなことを思う方も多いらしくて、数回に渡ってテストした際の結果の変化についても考察してありますが、
質問とその結果を覚えてしまう3回目までは、ほぼ結果は変わらずに出てくるということです。


算出される【強み】は34種類あり、その中で顕著に表れる5つがあなたの【強み】として発表されます。

この【強み】の凄い点は、業界や職業などをほとんど限定しない点です。

例えば、営業職の方で優れている点が、

【戦略性】ならば、状況分析に重きを置く、

【共感性】ならば、顧客へのラポール構築に励む、

【指令性】ならば、顧客をその気にさせる話術に励む、

などというように、それぞれに強みの活かし方をご自身のやり易いように練れるわけです。

ご参考までに、私の5つの【強み】をご紹介しましょう。

【戦略性】 【最上志向】 【成長促進】 【着想】 【未来志向】


さて、最後に注意点を。

途中にも書きましたが、本一冊に対して、テストは一度しかできません。

ですので、決して古本で買わないで下さいね!その本でできるテストはすでにできなくなっていますし、お金も時間も無駄になりますよ。

以下のリンクからアマゾンへ跳べますので、宜しければご利用下さい。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



posted by たかC at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン

「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン

この著書のことを知らない読書家はいないでしょう。

過去100年以上もの間ベストセラーとなっている、自己啓発書の元祖です。

さて、この真の書名とは……

偉大なる著書に敬意を払って、そのまま

「原因」と「結果」の法則


 ビジネスの世界では、文字通り「原因」と「結果」の関係が常に意識されていますが、この名著で伝えたいことはその表現とは多少異なっているような気がします。

 一言で言ってしまえば、

あなたの心そのものが、良くも悪くもあなたのその状況を作り上げている

ということです。

つまり、「原因」というよりは「あなたそのもの」、

    「結果」というよりは「その結果を導いた」

という表現が適していると思います。

 他の著書であまり書かれておらず、この本でしっかりと言及されている注目すべき点は、

 「あなたの願いが形を生む」 のではなく、

 「願っていない悪いことでも、それを取り除こうと努力しない限りは悪いまま引き寄せてしまう」

ということです。

 つまり、高貴な方であっても、苦労多く貧しく、

 虫けらのような者であっても、裕福で名声を得ている、

という状況は生まれてしまうということなんです。

 そこには「努力を伴う願い」が不足しているんですね。

 特定の一面だけでなく、多くの面をインタラクティブに繋いだ「想い」と「努力」の結合こそ、成功の近道と言えそうです。


 また、「お金があったら人助けをするのに……」のように、

「見返り」を先に求めて努力を怠る人が多いと思います。

 その人たちから成功者を見れば、「運が良かった」とか「時代に恵まれた」などの後付けの理由が次々に思い浮かぶようです。

 実は成功者の多くは、すでに「崇高な精神」持ち主であり、その姿勢ゆえに素晴らしい出会いや発想に恵まれて、成功に至ったのだ、という考え方が正しいのだそうです。

 「○○があったら」なんて考えは今すぐ捨てて、

 明日の自分を信じてただちに努力を始めましょう!



さて、この真の書名とは……

偉大なる著書に敬意を払って、そのまま

「原因」と「結果」の法則
posted by たかC at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。